本文へスキップ

形成外科の治療では保険は適用されるのでしょうか。

形成外科とは

再生する外科

形成外科についての疑問点/再生する外科

整形外科では主に骨や関節の障害を治療するのに対し、形成外科では 身体の表面の奇形、腫瘍や傷跡などの目立つ障害を目立たないように治療する、 整容的な治療を行う科です。 形成外科は英語で「plasticandreconstructivesurgery」と言い、 直訳すると「形を作ったり再生したりする外科」ということになります。 生まれつきの障害や病気や怪我で失われたり損なわれたりした身体の 表面的異常、醜い状態を手術によって正常な美しい状態に近づける治療を 行う医療分野です。 分かりやすく言うと、身体の表面の目立つ障害を手術治療を用いることで、 より美しく目立たなくすると言うことです。


治療範囲

形成外科が治療の対象とする身体の部位は、なんとなく顔だけだと思ってる 人も多いでしょうが、頭のてっぺんから足のつま先までの全身です。 それだけの範囲になりますので、治療の対象となる障害も非常に多くのものが あります。 ほとんどが病気や怪我の治療をする患者となりますが、健康な人を対象 とする場合もあるのが形成外科の特徴でしょう。 生活にそれほど支障はないけど、ほくろを取りたい、二重まぶたにしたい などといった、美容外科の手術も形成外科の一分野になります。 形成外科が治療する対象となるものは、外傷、奇形、腫瘍といったものと、 健康な人を対象にした美容があります。


治療対象

形成外科が目的とするところは、単に見た目を美しく整えるだけではなく、 身体機能的、形態解剖学的にも正常な状態に近づけ、個人を社会に適応させ 生活を取り戻させることにあります。 見た目に異常があったり醜い傷跡があると、一般的な社会生活にも 支障がでてしまいます。 症状としては唇裂・口蓋裂、頭や顔の骨の変形、小耳症などの耳の変形、 多指症・合指症など手足の異常、母斑などのあざ、でべそ(臍ヘルニア)、 眼瞼下垂などといった生まれつきの先天異常、 怪我や火傷の外傷などが形成外科の治療対象となります。 他の病気や障害を治すための手術や治療で、身体や機能の一部が失われたり 損なわれたりするような場合にも形成外科で治療されます。